1年間で100万マイル達成!! ミリオンマイラー

お金はないがマイルは貯まる(笑)フリーターが1年間でマイルを貯めた奇跡の物語

ソラチカ改悪 新交換ルート紹介

今回の各ポイントサイトからメトロポイントへの交換が廃止されるだけで、メトロポイントをANAマイルにすることは廃止(改悪)の対象になっていません。

 

メトロポイントからANAマイルへの交換ルートの廃止は本来のソラチカカードの利用方法である、メトロに乗車してポイントをためてそのポイントをANAマイルに交換するというソラチカカードの存在意義を否定するので無いと思いますが、交換率の改悪は他のポイント(楽天ポイントやTポイント等)の交換率である50%程度まではありえることだと私は考えております。

代替ルート1:LINEルート

多分LINEを知らない方は少ないのでは無いかと思いますが、LINEポイントについてはあまり知らない方が多いのでは無いでしょうか?

そのLINEが提供しているLINEポイントを利用することでソラチカルートの90%には及びませんが81%という交換率で交換可能です!

f:id:momo-rock:20180111002223j:plain

LINEポイントをメトロポイントに交換するのに90%、メトロポイントをANAマイルに交換するのに90%で81%の交換率となります。

 LINEルート
「LINEポイント⇒メトロポイント⇒ANAマイル(最大120日)」

あまり馴染みの無いこのLINEポイントに交換する方法もご紹介いたします。

  • ポイントサイトから直接交換可能
    ポイントタウン・モッピー
  • ポイント中継サイト経由で交換
    PeX・Gポイント
PeXは多くのポイントサイト(ハピタスなど)のポイントも移行できるので非常に使い勝手が良いです。つまり交換ルートはこのように変化します。
  • 今まで
    ポイントサイト→中継サイト→メトロポイント→ANAマイル(90%)
  • これから
    ポイントサイト→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル(81%)
    or
    ポイントサイト→PeX(Gポイント)→LINEポイント→メトロポイント→ANAマイル(81%)

感の良い方はお気づきかと思いますが、各種ポイントサイトがLINEポイントに変わっただけでソラチカルートです。

今回のソラチカルートの廃止はポイントサイトからメトロポイントへの交換がJCBとしてソラチカカードの利用され方は、本来の使われ方ではない」ことによる改悪だと仮定するとこのLINEルートもやっていることは同じなので、いつ廃止になるか分かりません。

唯一、従来のソラチカルートと異なるのは移行できるポイントに上限が無いということです。

そのため、2018年4月以降に獲得した各種ポイントをLINEポイントに集めていくことが現時点では最適だと思われます。

ただし、冒頭でも述べましたが交換率の改悪等はあるかもしれませんので、ご注意ください。

LINEルートのメリット・デメリット

  • メリット
    比較的交換手順が少なく簡単
    移行ポイントの上限が無い
  • デメリット
    ソラチカルートと似ているためいつ廃止になるか分からない

代替ルート2:ニモカルート(ANA VISA nimocaカード)

LINEルートは疑似ソラチカルートのためいつ改悪になるか分かりません。そのため別のルートもバックアップとして用意する必要があると思います。

今回ご紹介するニモカルートは、昨年12月中旬に三井住友VISAカードANAからリリースされた交通系ICカードANAカードが組み合わさったカードです。

このニモカカードですが、プレスリリースによると10ポイント=7ANAマイルに交換できるようです。つまり交換率は70%となります。ソラチカルートの90%と比べると劣りますが、それでも70%もあれば十分ではないでしょうか?

f:id:momo-rock:20180110003910p:plain

ニモカルートを使えるポイント中継サイト

交換率70%といっても、使えるポイントサイトが無いのであれば何の意味もありません。ここでは主要ポイント中継サイトの「ドットマネー」「PeX」「Gポイント」がどうかを調べてみました。

  • PeX:PeX⇒nimocaポイント(約45日)
    非常にシンプルなルートです。
  • Gポイント:Gポイント⇒nimocaポイント(約1日)
    今までドットマネーやPeXに押されて影が薄かったGポイントが大躍進です!何と1日で等価交換が可能です。
  • ドットマネー:ドットマネー⇒Walletポイント⇒マツモトキヨシ⇒Gポイント⇒nimocaポイント(約41日)
    ポイントの交換になれた歴戦の陸マイラーでも躊躇しそうな交換ルートですね・・・しかも途中のマツモトキヨシからGポイントへの交換ははがき待ちだったりします(笑)

以上のことから、「PeX」と「Gポイント」が中心で「ドットマネー」はちょっと残念という感じだと思います。

ニモカルートのメリット・デメリット

ソラチカルートの変わるニモカルートのメリットとデメリットについて触れたいと思います。

  • メリット
    ソラチカカードと異なり月々の移行上限がない
  • デメリット
    ポイント交換がネットできず、函館もしくは九州に行く必要がある
移行については函館もしくは九州にある交換機で行う必要があります・・・

私は九州に住んでますので、この辺は特に影響ありませんが。

それ以外にお住まいの方はわざわざ九州まで来て交換する必要があります。

意味がわかりません。笑

今の時代ネット上で交換できるようにしてほしいものです。 

f:id:momo-rock:20180110011419p:plain

「ドットマネー」「PeX」「Gポイント」に交換できるポイントサイト

普段利用しているポイントサイトから「ドットマネー」「PeX」「Gポイント」に交換可能なのか調べてみました。

ポイントサイト名 PeX Gポイント ドットマネー
ハピタス  
モバトク    
ちょびリッチ  
Getmoney!  
ポイントインカム  
ポイントタウン    
PONEY  
ECナビ    
モッピー

主要なポイントサイトは全てPexに対応しているため、nimocaルートにすることによる障害はなさそうです。残念なのはGポイントです、三井住友VISAカード・ジャックスカード等クレジットカードポイント以外はあまり実用的ではなさそうです。

 注意
モッピー、ポイントタウン、ちょびリッチがGポイント交換に対応しています

つまり、ポイントサイトはPeX経由、クレジットカードのポイントはGポイント経由が正解だと思います。

まとめ

代替ルートはあると思いますが、ソラチカルートの90%と同等の効率は望めなさそうです。ただ、ソラチカルートが異常だっただけでこれが本来の姿なのかもしれません。一つ目のLINEルートは交換率という目線ではわずか9%減という大変ありがたいルートなのですが、いつまた廃止になるか分からないという恐怖があります。

そういった懸念を解消するためにもニモカルートなどのバックアップを用意しつつ色々なルートに対応できるPeXにポイント集約するのも一つの手でもあります。